体臭対策の奮闘記!

体臭を今まで気にしていなかった男の悩みを告白しながら対策方法を紹介する体臭対策奮闘記!

体臭が臭くなるのは汗自体がクサいのではない

   

体臭が臭くなるのは汗自体がクサいのではない

体臭が臭くなる原因のひとつとして、汗があります。

確かに汗を多くかけばかくほど汗臭さは強くなります。それがよくわかるのが夏です。気温が高くなるので汗をよくかきます。

通勤電車の中は汗臭さで大変ですよね。

しかし、汗がニオイを放つのは発汗時ではありません。汗腺から発汗したばかりの汗は99%が水だと言われています。残りのたった1%で塩分やミネラルが占めています。なので汗が出たばかりは水とほとんど変わらないのです。

では、なぜ汗がニオイを持つようになり、体臭が臭くなるのか?
それには2つの原因があると言われているんです。

 

まず、1つ目は酸化です。酸化というと、鉄の錆をイメージするかと思います。まさにその通りで、汗が皮脂や空気中にある塵や埃と混ざることでニオイを放つようになるのです。

そして2つ目は雑菌の繁殖です。皮膚上は無菌状態ではなく、常に雑菌が存在しています。目に見えていないだけでものすごい数が存在しているのです。この雑菌の餌となるのが汗に含まれるミネラルや垢などです。これらを食べて増殖していくのです。しかも雑菌がこれらを食べた後には低級脂肪酸などの臭気物質が残ります。簡単に言えばクサい糞といっていいでしょう。

 

このように2つのことが汗をかいた後に起こるから、汗が臭くなり、結果的に体臭が臭くなるんですね!

ですから体臭を抑えるには汗が臭くなるのを防げばいいということです。そのためには汗をかいたら雑菌が増えないようにアルコールやデオドラントシートで皮膚の垢や皮脂、雑菌を除去して清潔に保つことが大切!また、デオドラント剤によって皮膚を抗菌したり、消臭などの対策をすればさらに効果抜群です。

ただ、これらの対策はあくまで表面上の対策です。基本的には汗はほとんどが水分ですが、食生活が乱れているとその成分も変わってきます。そのため体臭を予防する栄養や消臭成分を摂るなどして体の内側からも対策してあげる必要もあります。

 - 体臭対策・ケア