体臭対策の奮闘記!

体臭を今まで気にしていなかった男の悩みを告白しながら対策方法を紹介する体臭対策奮闘記!

刺激臭がする体臭がする!原因は肝臓と腸内にある?

   

鼻や目を突くような刺激のある臭い!まるで臭いによって攻撃されているような刺激臭を自分の体から感じました。

その臭いの強さは自分でも分かるほどなので余程強烈だったことでしょう。

刺激臭がする体臭がする!原因は肝臓と腸内にある?この臭いは、通勤電車で明らかに二日酔いのサラリーマンの近くで感じる臭いに似ています。というか臭いの原因物質は同じなんです。

二日酔いによって刺激臭がしてしまうのは、肝機能が低下することで「アセトアルデヒド」が尿中だけでなく息や汗として出てしまうからです。

しかし、私はその時二日酔いではありませんでした。
ではなぜ同じような刺激臭を放ったのか?

実はもうひとつアセトアルデヒドが体内で増加する要因があります。それが腸内でタンパク質が発酵することです。

タンパク質は腸内の細菌によって分解されてメチルカプタンやアンモニア、インドールが生成されます。これらの臭いはそれほどではありません。

しかし、さらに発酵が進むとチラミンやヒスタミンといった物質が発生します。これらの腐敗物質が吸収されると、アセトアルデヒドになってしまうのです!

ということなので、私の体から刺激臭がしたのは毎日肉ばかり食べていたせいで、腸内でタンパク質の異状発酵が起き、腸内の異状発酵によってアセトアルデヒドが大量に発生。そして、ストレスや睡眠不足が続いたことで、肝機能が低下してアセトアルデヒドの解毒が間に合わずに汗や息として出ていたのではないかと推測します!!

このアルデヒド系の臭いには、フィトンチッド効果という森の消臭効果が有効なようです。このフィトンチッド効果はヒノキや熊笹などの植物から放たれています。だからヒノキやクマ笹などの植物性のエキスや粉末を食べれば、刺激臭には効果的ということですね!

今ではフィトンチッド効果を利用した消臭サプリメントもあるみたいなので、これを利用して刺激臭対策をしたいと思います。

 - 体臭対策・ケア