体臭対策の奮闘記!

体臭を今まで気にしていなかった男の悩みを告白しながら対策方法を紹介する体臭対策奮闘記!

体臭予防になる代表的な栄養!ビタミンEとビタミンCを摂って体臭を防ぐ

   

体臭予防になる代表的な栄養!ビタミンEとビタミンCを摂って体臭を防ぐ

体臭の改善には身体の内側から対策した方がいいですね。それには食べ物を体臭予防になるものを普段から食べることが一番いいと言えるでしょう。

ですがそういった食べ物は物凄い数があります。毎日食べていたら食べ過ぎで逆に不健康になるかもしれませんね。あるいは「今日はどの食べ物にしようか?」と悩んでそれがストレスになってしまうなんてこともありえます。

そこでいろいろある体臭予防にいい栄養の中でも特におすすめな栄養とその特徴を紹介します!

それがビタミンCとビタミンEです。

ビタミンCとビタミンEはどちらも抗酸化作用がある栄養です。抗酸化作用がある物質は、自らが活性酸素や過酸化脂質などによって酸化されることで、体の酸化(老化)を防いでくれる存在で、とっても大切な栄養と言えますよ。

このビタミンCとビタミンEはそれぞれ役割が異なります。ビタミンEは脂溶性で体の細胞の中に入ることができます。そのため体の中で蓄積することができるんです。

一方ビタミンCは水溶性で体の細胞の中に入れません。そのため直ぐに体の外に出てしまいます。これがビタミンCを一度にたくさん摂っても意味がないと言われている理由なんです。

では、体の中に蓄積できるビタミンEの方がいいじゃん!と思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

ビタミンEは体に蓄積するという事は取りすぎると過剰症になるということです。ビタミンEは適量であれば体にとっていい影響を与えますが、取りすぎると逆に体を錆びさせてしまうと言われているのです。

ですから体にいいからといって摂りすぎると逆効果なので気をつけましょうと言いたいところですが、その摂り過ぎの量はおそらくよほど大食でビタミンEのサプリメントだけ毎日食べなければ到達しないほどの量なのでご安心を!

常人では無理でしょう。

ビタミンEの目安は1日成人で6.5~10mg程度とされています。これは健康維持に必要な最低限の量ですね。そして気になる上限値は、、、、

1日650~900mgもあるんです!

これは、すじこには100gにだいたい10mgのビタミンEが含まれているので、これを900g食べなけれないけません。しかも毎日もです。

完全に確信犯でないと到達しないほどの量ですね。

ですからビタミンE怖い~なんて思わないで安心してくださいね!

ではなぜこのビタミンEとビタミンCが体臭にいいのかを紹介します。それは体臭の原因には皮脂の酸化があるからです。

皮脂はいわば脂です。私たちの肌の保湿を保っているのはこの皮脂のおかげですね。皮脂がなくなれば人間はミイラになっちゃうでしょう。

そんな大切な皮脂ですが、皮脂を出す皮脂腺や皮膚上の皮脂膜が酸化するとニオイを発生してしまうのです。例えば、加齢臭はこの皮脂が酸化することが原因でニオイを放ちます。

なのでこの皮脂を酸化させないことが体臭を予防することになると言えるのです。そこで役立つのが抗酸化物質であるビタミンCとビタミンEなんですね。

ビタミンEで酸化を防いでくれますし、ビタミンCはビタミンEを修復する作用もあります。だからビタミンEとビタミンCを一緒に摂るといいのです。

ビタミンEはオリーブオイルやブラックシードオイルなどの良質な油に多く入っていますし、ビタミンCは赤パプリカやアセロラ、みかんなどの柑橘類に多く含まれています。

いつもの食卓にこれらの食べ物を加えて体臭予防してみてはいかがでしょうか!

 - 体臭対策・ケア